2014年02月27日

ミックス犬を見ると悲しくなる理由

私は犬なら大きい子も小さい子も、どんな子でも大好きです。
純血種でもミックスでも、すべての犬が大好きです。

それを前置きして 敢えて書きたいと思います。
先日リランのご飯を探しに行った時のことです。

マルチーズとダックスのミックスが売られてました。

口、鼻はダックス、耳はマルチーズ、毛はスカスカで
中途半端に長い胴に 涙焼けの目
値札にはいくつもの×マークが入って値下がりしたお得感を煽ってました。

私はミックス犬も大好きです。
しかし、出来ちゃったミックス犬ではなくて
売れるから。という理由で故意に繁殖させたミックスを見ると
とても悲しい気持ちになると同時に猛烈な怒りも込み上げてきます。

業界では デザイナー犬 と呼ぶんですって。 ため息でちゃう。

自分の犬が純血種だからって MIXを見下す気持ちなんて毛頭ありません。
産まれてきた背景を思って複雑な気持ちになってしまうんです。
( ミックスを見て悲しい表情をする人を誤解してる方も多いらしいので )

血統証だって丸々信じられるのかなー。なんて思いもあります。
産まれた仔犬のうち 見た目がマルチーズならマルチーズ
ダックスならダックス
いい塩梅に混ざって可愛かったら マルックスとか何とか
オリジナルっぽい名前を付けて売る。
そういう風に適当やってるブリーダーなんて山程いるんですから。

しっかりした責任感と使命感でブリードしてる方から見たら何て言うのかな。
突き詰めて行ったらキリがない。それが日本のペット産業なんですね。

希少価値が高い、自分だけのオリジナル、限定品
こういう言葉に弱い人達の心をくすぐって
お金になるからと滅茶苦茶な繁殖をするのって
ブリーダーって呼べるのでしょうか?

よっぽど私が凝視してたのか店員さんが話し掛けてきました。
「 抱っこしてみますか? 」 

私は小声で
「 この子はとても可愛いと思うけれど、
純血種同士の繁殖って、ブリーダーとしてどうなんでしょう
酷い事しますよね。」


「 お客様の仰る通りです。私も・・・・ 」

『 しかしお客様、世界でたった1匹のあなただけの犬なんですよ!!』
なんてふざけた販売トークする店員さんでなくて良かった。
スタッフさんの中にも私と同じ思いの人がいるんだ。
仕事だから仕方が無いとはいえ辛い事もあるんだろうな・・・・

あの子達は長生き出来るのかしら。
ただの珍しい物好きの家に行きませんように。
犬を本当に愛してる人のおうちで幸せに暮らせます様に。

言葉にならない気持ちでふっと横を見たら
見るからに弱々しく力が無いブルーの瞳の仔犬がうつむいていました。
札には 『 チワワ 珍しい毛色です 』 と書かれていました。

お金欲しさに犬の命を弄ぶ人間を、
神様はしっかりご覧になっていますよね・・・
posted by yucca at 16:24| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

春っぽいでちゅ♪

日が当たらない場所ではまだこんなに雪が残っています

雪.jpg

ライナスは雪にチッチ掛けて レモンシロップのカキ氷作ってたな~わーい(嬉しい顔)
リランは足が濡れるの嫌だから 雪を踏まないように上手に歩きます。
避けられない場所では 「 抱っこちなちゃい 」 

久しぶりにスタジアムに隣接した横浜公園に行きました。

お花 (3).JPG
早くポカポカにならないかなーでちゅ

チューリップの球根から芽が沢山出てました。
4月には数万本のチューリップで埋め尽くされますかわいい

お花 (6).JPG
花びらが丸いから梅かなぁ かわいい
濃いピンクが青空に映えてとても綺麗でしたぴかぴか(新しい) 

お花 (5).JPG お花 (8).JPG
   いい匂いでちゅ~           カメラには向いてやらないでちゅ
posted by yucca at 11:27| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

褒められたくて

リランの食事風景です。
写真には撮れないけれど、私か家来2号が応援しています。
「 ちゅっごいなー。 ご飯全部食べれるの? さすがなのねー 」 

food 002.JPG food 003.JPG
むしゃむしゃむしゃむしゃ          噛み噛みポリポリ

食べながら必ず チラ! と見るの。

food 006.JPG
ちゃんと見てりゅ?

この瞬間が肝心なのです。
リランが顔を上げた時、目を合わせて褒めてあげると
もっと頑張るからです。

昼間の食事なら私がくっついて応援出来るからいいんだけど
夕食は家来2号に褒めてもらいたいのよねー
「りーたんが食べてるの見てりゅ?」 と確認した時に
視線はテレビで言葉だけで褒めてたりすると
「ショボンでちゅバッド(下向き矢印) と残念そうに食べるのを止めてしまいます

家来2号に褒められるのが一番嬉しいリラン。
疲れて帰ってきて 食後ゆっくりしたい家来2号には酷だけど
殿のお食事が終わるまでは気が抜けないのです 𕾷

チッチした時も褒められたいの。
時々リランがチッチしたのにわざと気付かないふりをします。すると
「 りーたんいい事ちたでちゅ!」 と得意気に呼びに来ます
「 どちたのかな? 」 とまだ気付かないふり。
こっちこっち! とチッチのシミを教えてくれます。
そこで大袈裟に初めてチッチに気付いた演技
「 あら~! 天才天才! りーたんチッチ出来たね~!」揺れるハート 
リランは無口なので、私の歌声(?)だけが響きます(笑)

大袈裟な家庭ミュージカル、もう10年続いています
ちょっと変な光景だけ どリランには毎回新鮮で
なにより褒められたくて一生懸命なんです。 

我慢できなければ一人でもチッチするし、
お腹が空けばご飯も食べるだろうけど
リランの 褒められたいでちゅ の期待に応えてあげるのが
私達の役目と思い、これからもミュージカル頑張ります 𕾾
posted by yucca at 12:38| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

新しいご飯でちゅ

サンプルで試してたペットライン社の 『 メディ・プロ pHコントロール 』
限りなく療法食に近いです。値段から言ってもたぶん療法食。
予防として食べるのに問題はないけれど
何も症状が出てない時に食べてると、治療が必要になった時の手段が
即お薬になってしまう・・・
ウォルサムのpHコントロールが合わないと分かってるので
イザという時の選択肢として取っておくことにしました。
( ウォルサムはロイヤルカナンと合併してしばらく ロイヤルカナンウォルサム と
表示してましたが最近 ロイヤルカナン だけになったみたいです )


メディ・プロ程高い効果は無いけれど
同じメーカーでチッチ病に重点を置いたフードがこれです。
メディコートpHサポート

food 007.JPG

リランのビリルビンは 猫なら洒落にならない数値ですけど
ワンコなので一番高い時でも獣医さんによっては許容範囲です。
実際ここ数年特別な治療は何もしていません。

毎日チッチの色・臭い・量をチェックして
それに応じてフードの量を調節したり、トイレの間隔が長い時は
面倒がるリランに文句言われながらもチッチさせたり
その程度ですぴかぴか(新しい)

困ったことに、寒くてホットカーペットから離れたくないのか
ガツガツもりもりと食べてくれないんです
大好きな鶏さんなら素っ飛んでキッチンに来るんですけどねたらーっ(汗)

少し大きめの粒なので、半分に割ってみたり
ササミを混ぜて食欲をそそってみたり食感を変えてみたり

zz 002.JPG
目が覚めたら楽しんでお茶碗に行ける仕掛けを作ってみたり

zz 001.JPG
食べたくなったら食べまちゅよ・・・・ 今は眠いんでちゅ

1日分の量は何とか完食してくれるので
何か問題が起きないかぎりこのフードを続けようと思います 𕾙
posted by yucca at 09:51| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

渡部選手おめでとでちゅ♪

ノルディック複合銀メダルの渡部さんおめでとうございます!
おでこの日の丸がかっこよかった~!

生放送で見てたので 健司さんの絶叫解説 & 次晴さんの号泣から
今迄の大変な苦労が伝わってきました。

ずっとメダルが取れなかったのは実力不足じゃなくて
ヨーロッパの圧力で日本チームに不利なルール改定がされたから。
背景を知れば知るほどその理不尽さにムカついて暴れたい気分 
関係無い私でもこんな気持ちなんだから当人達はさぞ悔しかったでしょうむかっ(怒り)
どいつもこいつも日本人をナメて頭にくるわ!

荻原さんと言えば
2012年の夏休みに清里に行った時 撮影中の荻原さんと遭遇しました。
その時は健司さんなのか次晴さんなのか分からなくて
後で調べて次晴さんと分かった次第です たらーっ(汗)
何だか悪くて近くに行ったり話しかけたりはしなかったけれど
とても清潔感があって、礼儀正しくて、素敵な男性でした。
スキーを1度もやった事ない私でも 実物の荻原さんは超好印象!

リランとの写真もあるんですよ~
荻原さん.jpg
むりやりのツーショットでちゅ~  

荻原さん達の努力が報われてとっても嬉しかったぴかぴか(新しい)
リランがちょっとでも関わってると100倍嬉しい𕾾
posted by yucca at 18:06| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする