2012年04月30日

狂犬チックンでちゅ

狂犬病チックンに行ってきました
フィラリア予防もあるので、病院はちょっぴり混雑

20124002.JPG
きんちょーちまちゅ・・・・・ 

狂犬病の接種率は毎年減っていて、現在は60%以下らしいです

私もおうちの中で暮らすワンコには必要ないと思う時もあります
でもでも、もしも本当にもしもの話だけど
感染した小動物が積荷に紛れて港に入ってしまったら

狂犬病ネズミ(?)や狂犬タヌキ(?)や狂犬病コウモリ(?)が
ふらふらっと山下公園を歩いていても不思議は無いです

混合ワクチンも、狂犬病予防接種も、去勢も
すべては もしもの時の為

リランに負担が掛からなくて副作用の心配が無い範囲なら
義務化されていなくても、予防はしたいと思います

20124001.JPG
りーたんはチックン反対でちゅ! チックンした事にちて帰りゅでちゅ!!
posted by yucca at 21:07| Comment(6) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに日本には狂犬病はないです。
でも、私もしてた方がいいと思う。
海外にはまだまだ狂犬病にかかっている犬は
いるのですから。
やっぱり怖い。日本にないのは、みんなが注射を
しているからー
でも60パーセント以下なんですね。知らなかったわ。
無料ならみんなするのでしょうね。
でも、犬を飼うのならしてほしい。
それにドッグラン等はしてないと利用できないものね。
のぞみは去年6月にしたので今年もその頃に行く予定です。フィラリアの薬ももらわないとね。
Posted by みなみ at 2012年04月30日 22:04
そうそう 今の日本では色んな病気は発生しないと思うけど(野良犬等いないような世の中) それでももしや という場合に泣きたくないですからね~

りーたん 緊張の𕾢 ちゃーんとして帰ったのでしょ
偉いえらい𕾴
Posted by ブランママ at 2012年05月01日 12:18
狂犬病は𕾗からだけではないのが、怖いところですよね。

確かにもしもの時の為ですね。
でも、𕾢の量は体重別にして欲しいなぁ・・・・
Posted by ともこ at 2012年05月03日 21:56
☆みなみさんへ☆

みなみさんの仰る通り、日本では皆が予防してたから撲滅できたんですよね。
今はもう無いからと油断して皆が予防注射を避けたらと思うと・・・・考えただけで心の中が大慌てです

法律とは関係なく周りへのマナーを守るのも
わんこの健康を守るのも、飼い主の責任。
リランみたいな小型犬と大型犬が同じ注射の量で良いのかなぁ・・・とは毎年疑問ではあります。
きっと獣医さんも何人もの人に同じ質問されてるんだろうなぁ。

もしも提示を求められたら。と思って
狂犬病とワクチン接種済み証を持ち歩いてるの。
今まで提示を求められたのはマザー牧場位なの。
有料のドッグランではどこも提示が義務ずけられてるのかしら。
そうでないと、ちょっと怖いですよね。
Posted by yucca at 2012年05月04日 14:14
☆ブランママさんへ☆

は~い
ちゃんと血液検査のチックンと予防注射のチックン頑張ってきました^^

備えあれば憂いなし!備えあれば病気も逃げてく!と思うと予防がいかに大切かって感じます
人間である自分たちの健康は無頓着でもリランの事となると
異常に神経質の心配症になっちゃう~
だって動物に何か起きると簡単に殺処分て言われるんだもん。
処分てなにさ!
それこそ処分されてもおかしくない犯罪者は人権だのがあるのに
心が奇麗な動物は物と同じ扱いですもんね𕾖

狂犬病や混合ワクチンをネットで検索すると
必要ないと書いてあるサイトが多いのに驚きます。
内容を読んでみたら、まぁそれも一理あるけれど
だからと言って皆で防ぐのを止めたらまた怖い病気が蔓延しちゃう。

もしもの時に泣かないように
お金が掛っても今出来る予防策はすべてしてあげたいです𕾗
Posted by yucca at 2012年05月04日 14:26
☆ともこさんへ☆

狂犬病ってその名のごとく、以前は犬だけが感染源の病気だと思ってました。
まさか哺乳類すべてだとは・・・!
近隣諸国ではまだまだ狂犬病が普通にあるのに、港の検疫はたった5種類のみなんですって。
一昔まで輸入住宅が流行った時
輸入した材木で立てられた木に外来種のシロアリが沢山潜んでたんですって;;

変な病気に感染したネズミやムカデが潜んでいても不思議はないですよね

私も量は変えて欲しいって思います
獣医さんにも大丈夫なの?って何度か聞いたことあるの。
きっと同じように疑問を感じる飼い主さんて多いですよね。
Posted by yucca at 2012年05月04日 14:31
コメントを書く
コチラをクリックしてください