2013年08月29日

2013夏休みでちゅ (4)

大きな目的であった社会科見学が終わって
原村で遊んだりしながら今夜のお宿は勿論 森の時計さんです るんるん

夕食の時お隣の席だったご家族は
パパさんもママさんも小さな女の子も、すっごく優しいの!
白いプードルはプリンちゃん13歳。 茶色のミリーちゃん11歳
愛情を沢山受けて可愛がられてるのが一目で分かるプーちゃん達ですぴかぴか(新しい)

2013夏休み 054.JPG
なんとなく 怖くなかったでちゅ

プリンちゃんもミリーちゃんも、レスキューされたワンコです。
プリンちゃんは何をされた過去があるのか
最初は警戒心から立ったまま寝てる様な子だったそうです。

2013夏休み 052.JPG 2013夏休み 055.JPG
こんなに近くに寄れたの初めてだから 家来達が有頂天でちゅ

もっと壮絶な経験をしてきたのは 茶色のプードルミリーちゃん。
崩壊した悪徳ブリーダーからレスキューされた子なのです。
2kg程の小さい女の子なので、繁殖犬としてケージに閉じ込められ
救助された7歳までケージの中で過ごし愛情も与えられず
出産だけを何度も強要されてきたせいで歯はボロボロ
頭の毛はすべて抜けてコウモリみたいだったんですって;;
今の飼い主さんに引き取られて避妊手術をした際、産まれなかった胎児が
内臓に癒着していて、獣医さんも驚きの大手術になったそうです。
ミリーちゃんが完全に心を開くまで4年掛かったそうです。

小さい子が流行ってるから
絶対こういうブリーダーがいるだろうと思っていましたが
本当に酷い。現実は想像以上に酷い。
確かにミリーちゃんは顔も可愛いから仔犬は高く売れたんだろうね。
酷い。酷いとしか言葉が出ません。
そんな悪徳ブリーダーは名前を変えてまた同じ事を繰り返すんだろうね
そういうの死刑にしてよ。

外出先で会ったワンコがてっきり老犬だと思ったら
ブリーダー所有のまだ幼い子だと聞いてショックを受けた事があります。
犬の出産て繰り返すとこんなにも老けてしまうんだ・・・すごくショック
その子も小さかったな。
欲しい人がいるからって何度も何度も産ませるなんて むかっ(怒り)

ケージに閉じ込めてないから良いブリーダーとは限らない
交配させて手放すのを繰り返すのってどんな気持ちなんだろう。
愛情を注いでいたら1回の出産でも心配でたまらないと思うのに。

プリンちゃんもミリーちゃんも、教えてもらわなければ
仔犬の頃から愛情溢れるおうちで幸せに暮らしてきたようなお顔です。
心優しい人達に引き取られて本当に良かったですぴかぴか(新しい)

つづきまちゅ・・・・
posted by yucca at 14:50| Comment(9) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお~ りーたんが他のワンコと一緒に・・・・・
凄い酷いブリーダー等からレスキューされたプードルちゃん達だったなんて
思え無い位可愛く可愛がられているのが解る位の優しいワンコなんですね~
だから ちょっとおっかなびっくりだけど 殿が一緒に写真撮れたのね𕾹
こんな優しい飼い主さんは頭が下がります𕾴
心を開くまで4年もかかったなんて
どんなに辛かったでしょう~唖然と驚きで 
今は幸せでほんとに良かった
Posted by ブランママ at 2013年08月29日 15:32
☆ブランママさんへ☆

こんなに酷い目に7年間も遭ってきたのに人間を恨むことなく
今の飼い主さんには媚びるような仕草だったんですって。
きっとそうしないと生きていけなかったんでしょうね。
甘えた事もなく可愛がられた事もなかったから先住犬のプリンちゃんのやることをすべて真似してたんですって;;
もう話し聞くだけで怒りと涙です;;

今では甘え上手のパンが大好きな女の子になってました𕾡
ミリーちゃんと同じ境遇の女の子が何匹も出てきたそうで、他の子も幸せに暮らしてるといいな。

あのリランがここまで近づけたなんてミラクルでしょ?
プリンちゃんとミリーちゃんには他の子が持ってない感情とかあるのかな。
最近保護された子とお出掛けしてる飼い主さんが増えましたよね。
心に傷がある子を承知で引き取って
一緒にお出掛け出来るようになるまでケアしてきた飼い主さんには本当に頭が下がります。
Posted by yucca at 2013年08月29日 15:52
こんにちは。
涼しいところ堪能なされてますね。
小さいわんこがかわいいのはわかりますが、その小さなからだに大きなわんこと同じ種類の内蔵があり、骨があるということを考えたら、どれだけ負担がかかるか想像できると思うんですけどね~。小さい子の遺伝で小さい子を繁殖させているのなんてまだいいほうで、わざわざ未熟児・栄養失調で小さい子をつくりだすブリーダーもいるようですからひどいものです。その子ごとに適正体重があるのだから無理はいけません。ちなみにチチの適正体重は2400~2500g。膝が弱いのでできるだけ2400gをキープしていたいのですが、一時2600g越えてしまったので落とすのがたいへんです。ようやく2450gまで減りました。
リランちゃん、平気よ~って顔してますね。チチだったらガウしちゃうだろうなぁ~。
Posted by titi-pop at 2013年08月29日 19:46
☆titi-popさんへ☆

ブリーダーという仕事って私達の
動物への気持ちとは違うんでしょうね。
故意に産ませてるのに「○○ちゃんは赤ちゃんが好きだから喜んでる。子育て大好きだから」と平気で言える精神状態は私には理解できません。
中にはきちんとした血統を守ろうと尽力してるブリーダーもいるのでしょうが、商売にしようとする気持ちはやっぱり分かりません。
でもリランもブリーダーから譲り受けたわけで・・・矛盾があるのは承知なんですが割り切れないです。

動物と話しが出来る霊能者とやらが
ミリーちゃんみたいな崩壊したブリーダーから救助された繁殖犬とお話しして
「不幸もあったけれどお母さんになれた事は嬉しかったのよ」 と言ってます。と話してたのを見た事があります。
新しい飼い主に対する優しい嘘を通り越して よくもまぁしゃーしゃーとそういう嘘が付けるわ
ワンコが可哀想でたまらない飼い主さんも情緒不安定なのか番組の演出なのかそれを信用して涙してましたけど𕾸
病気の事を聞いたら
「私は大丈夫よ。もう良くなたわ」と言ってますだとさ。
そういう事は医者か神様に聞け!って聞く方も聞く方だと呆れちゃいました。
直接虐待してる訳ではないけれど、ワンコを利用したインチキすべてに腹が立ちます。

わざとご飯あげないで小さい子にするブリーダーがいるって聞いたことあります!
赤ちゃんの頃からシニアフードを与えたり、もう滅茶苦茶ですよね。

チチちゃんは毎日自分で体重計ってるから体重の増減はすぐ分かりますね
増えても困るし、減っても心配だし・・・
ダイエットする方が大変だから増やさないようにしなくちゃいけないけど
運動量や食欲で食べる量が変わるし・・・
保護者としての責任て重要です!

チチちゃんがガウガウするの?
全然想像つきません。また会えるといいな
Posted by yucca at 2013年08月30日 09:59
久々にコメントします。
リラン君 Yuccaさんお元気ですか?
リラン君の耳かわゆい!!!
最高です。
Posted by 大豆 at 2013年09月05日 14:34
動物を虐待するやつは フクちゃんにかませます!!!
ふくも馬鹿共に「餌も 水も与えないで上手く小さな体にしましたね」と数回言われたことがあります。怒りで頭蓋骨の圧力調整弁が壊れそうになりました。
Posted by 大豆2 at 2013年09月05日 14:39
☆大豆おじさんへ☆

こんにちは^^
ふくちゃんも大豆おじさんも暑い夏を無事乗り切ったようですね
今朝は秋らしい風の香りがして
あ~ 季節が進んですんだな~としみじみ・・・

私も大豆おじさんと同じ経験何度もありますよ!
別に小さい子を求めた訳じゃないのに
知らない人に
「 やっぱりご飯あまり食べないんでしょ?」 とか
「 交配すれば儲かるからどうか?」 とか
言われました
交配の話しを持ちかけられたのは1度2度ではありません。
そいつら皆犬連れなんですよ!
どんな飼い方してるか察しがつくってもんです。
災害があったら何の迷いもなく置いていくんだろうな。


ティーカップなんちゃらとか流行ってるでしょう。
そういうのを求める人と一緒にされるのもすごく心外です

記事中のミリーちゃんは
コウモリみたいなつるつる頭から毛が生えてきたら
頭だけ白い毛になってたんですって。
原因不明だけど、やっぱり知らない人に
「頭だけ染めるなんて虐待だ」と言われるそうです。
ちゃんと見れば自然なグラデーションで染めてない事なんて一目瞭然なのに!

ふくちゃんもリランも小さいがゆえの弱さがあるのに
犬は人に見せびらかす為のアクセサリー感覚の人がいる限り可哀想なワンコは減りません!ほんと心底腹立たしいです。

以前は犬連れの人は皆良い人・・・みたいな思い込みがあって
誰とでも丁寧に話すようにしてましたが
私も色々と学びまして、変な雰囲気の人とは話さないようにしてます。
どうせ何言ったって聞く耳持ってないんだから、正しい知識を教えてやることもない。もったいない。
と思い始めたら腹も立たなくなりました𕾹
Posted by yucca at 2013年09月06日 08:38
短い 軽いコメントでしたのに 何倍ものご回答恐縮です。 私は体の弱いふくの世話をしてから 命の尊さに以前にも増して敏感になっています。 そんな内なる自分と肉体を持った動物としての自分の行動に矛盾を抱きつつ、生きています。
  
 リラン君やふくがちっちゃい体で一生懸命生きている健気さに 感動させられ 心の眼が開いてゆきます。

 話は変わりますが、Yuccaさんの様に 言いたいことを端的に たたみかけるような迫力のある文章には毎回 圧倒されています。新聞記者か何かされていたのですか?

(ふくが体が弱いのと、知り合いにブログを発見されてから 小っ恥ずかしくてなかなかアップ出来ないでいますが今後とも宜しくお願いします
。)
Posted by 恐縮大豆 at 2013年09月09日 00:59
☆大豆おじさんへ☆

ふくちゃんが大豆おじさんのおうちに
迎えられたのはきっと何か意味があるのだと思います^^
もし他のおうちだったら
体が弱いふくちゃんは最初のお誕生日すら迎えられなかったかもしれませんよ
私もそうですが、色々と看病やお世話で大変な事もあるけど
こうしていつも側で生きててくれてるだけで幸せです

私の文章こそ小っ恥ずかしいなんてもんじゃないです𕾼
気をつけてはいるのですが、読み返すとどうしても押し付ける様な表現になってしまっていて
人によっては上から物を言われてるようで嫌だと思う方もいらっしゃると思います。
でも語彙に乏しいからそんなつもりは無くても言葉が見つからなくて
毎度そんな感じになってしまいます;;
もし不愉快な思いをさせてしまっていたら申し訳なく思います

新聞記者なんてとんでもないです!!
文章能力無いですし
その前にマスコミ関係は大っ嫌いです(笑)

お知り合いに発見されてもいいではないですか~!
ふくちゃんの愛くるしさをどんどん広めたいです
Posted by yucca at 2013年09月10日 09:46
コメントを書く
コチラをクリックしてください